インスタで集客して稼げるアカウントになるための情報発信方法

インスタグラム

 

どんな内容の情報を発信したらよいかわからない。情報発信を行っているけれど、アクションにつながらない。

情報発信をして「稼ぐ」為には、ユーザーがその情報に触れて「行動」を起こさないと稼ぎにつながりません。ここでは、ユーザーに行動を起こさせる情報発信の方法について「UR-U(ユアユニ)」で私が学んだことをお伝えしていきます。

 

この記事に書いてあること

この記事では、インスタグラムでユーザーの行動を促し、集客や収益化を実現するための情報発信方法について、私が「UR-U(ユアユニ)」で学んだことを詳しく解説します。

 

「UR-U(ユアユニ)」の公式Youtubeチャンネルはこちら↓

https://youtube.com/@ur-u4843?si=TNatjjrwhmJalBAo

 

具体的には、以下の内容を取り上げます。

 

1.ユーザーの行動を促す情報発信が重要な理由

2.ユーザーが行動したくなる情報発信方法とは

3.ユーザーが行動に移しやすくなる情報発信方法

 

これらの内容を理解し、実践することで、インスタグラムでの情報発信がより効果的になり、ユーザーの行動を促して収益化につなげることができます。

 

この記事を読むと…

この記事を読むことで、以下のことが得られます。

 

1.インスタで情報発信で大事なマインドが分かる

2.情報発信する際に効果的な型が分かる

3.ユーザーの行動を促す情報発信ができる

 

自己紹介

はじめまして。私は2年前までサラリーマンとして働いていましたが、投資や仮想通貨に興味を持ち、その世界に飛び込みました。

その後、会社を辞めて自由なライフスタイルを追求するようになりました。

1年前からはAI(人工知能)に触れ始め、現在はAIとSNSを活用してマネタイズする方法を模索しています。

これまでの経験を活かし、インスタグラムを使った効果的な情報発信方法を学んでいます。

このブログでは、私が学んだ知識やテクニックを皆さんと共有することで、私自身のさらなる理解の深化を図るとともに、インスタグラムでの集客や収益化を目指す方々の役に立てればと思います。

 

ユーザーの行動を促す情報発信が重要な理由

そもそも情報発信を行う目的は

情報発信を行ってる方の目的は、単に知識や情報を共有することでは無いと思います。知識や情報を共有した先に収益化という目的があるのでは無いでしょうか。

 

そして、インスタグラムのようなSNSを使って収益化を目指す場合、情報発信の目的はユーザーに「行動」を起こしてもらうことにあります。

 

具体的には、

 

・投稿に「いいね」を押してもらう

・アカウントのフォロワーになってもらう

・投稿をシェアしてもらう

・商品を購入してもらう

・サービスを利用してもらう

などです。

インスタグラムで収益化するためには

インスタグラムで収益化するためには、フォロワーとの信頼関係を築き、彼らにとって有益な情報を提供することが不可欠です。

 

そもそも信頼関係を築けていないと、ユーザーはアクションを起こしてくれません。

 

しかし、信頼関係の構築だけでは不十分で、フォロワーが実際にアクションを起こし、あなたが提供する商品やサービスを利用してくれるようになることが必要です。

 

そのためには、フォロワーに対して具体的で実践的な情報を提供し、彼らが行動しやすいようにサポートすることが求められます。

 

収益化にはユーザーのアクションが必須

ユーザーが情報に触れて行動を起こさない限り、収益は生まれません。

 

ユーザーのアクションこそが収益化の鍵です。

 

例えば、ユーザーがあなたのアカウントをフォローする、投稿にいいねを押す、コメントを残す、ストーリーを閲覧する、リンクをクリックして商品を購入する、これらすべてのアクションが収益につながります。

 

したがって、情報発信を通じてユーザーの行動を促すことが最も重要なポイントとなります。

 

ユーザーが行動したくなる情報発信方法とは

ユーザー目線での情報提供

ユーザーが行動を起こしたくなるような情報発信を行うためには、まずユーザーの視点に立つことが重要です。

 

ユーザーが求めている情報や解決したい問題を理解し、それに応じたコンテンツを提供することが鍵となります。

 

発信者目線で独りよがりな情報を発信していても、ユーザーは反応してくれません。

 

ユーザーが自分の悩みや疑問に対する答えを見つけられるような具体的で実践的な情報を発信しましょう。

 

発信スタイル

では、どのように情報発信を行ったらいいかというと

効果的な情報発信には、自分の経験や知識を元にした「シェルパ型」と、現在進行形で学びながら共有する「ストラグラー型」の2つのスタイルがあります。

  • シェルパ型:

 自分が既に経験したことや乗り越えた問題について、その経験を元にユーザーを導くスタイル。

例えば、あなたがダイエットに成功した経験を持っている場合、その方法を詳細に共有することがシェルパ型になります。

  • ストラグラー型:

 現在進行形で自分が学びながら成長している過程を共有するスタイル。

ユーザーと一緒に成長し、共感を得やすいのが特徴です。

例えば、新しいスキルを習得中の場合、その進捗や学んだことを逐次共有していくといった具合です。

 

ユーザーが行動に移しやすくなる情報発信方法

ユーザーが実際に行動を起こすためには、具体的で明確な手順や指示を提供することが重要です。次のポイントを押さえましょう。

  • 具体的な手順の提供: 

ユーザーが迷わずに行動できるように、ステップバイステップで具体的な手順を示すことが大切です。

例えば、「インスタグラムでフォロワーを増やすための5つのステップ」といった形で、明確な道筋を提示します。

  • 行動を促すメッセージ:

 ユーザーが行動を起こすように、強く訴えかけるメッセージを発信します。「今すぐこの方法を試してみてください」や「こちらのリンクをクリックして詳細を確認しましょう」といった具体的なアクションを促す言葉を使います。

  • 成功事例の紹介: 

実際にその方法で成功した事例を紹介することで、ユーザーに「自分もできる」と感じさせます。具体的な成功体験を共有し、その成果を見せることで、ユーザーの行動意欲を高めることができます。

 

情報発信する際のテクニック

情報発信の基本をつかめたら、次はちょっとしたテクニックを織り交ぜていくことも効果的です。

ストーリーテリングの活用

効果的な情報発信には、ストーリーテリングが非常に有効です。

人はストーリーに感情移入しやすく、記憶に残りやすい傾向があります。以下のポイントに注意してストーリーテリングを活用するとよいでしょう。

  • 具体的な経験を共有する: 

自分が直面した問題や、その解決過程を詳細に語ることで、ユーザーにリアリティを感じさせます。

例えば、「インスタグラムでフォロワーが増えずに悩んでいた時に試した3つの方法」といった形で、具体的な体験を語ります。

  • 感情に訴える: 

ストーリーに感情を込めることで、ユーザーの共感を得やすくなります。

喜び、苦労、成功などの感情を織り交ぜながら語ることで、ユーザーはあなたの体験に引き込まれます。

  • 起承転結を意識する: 

ストーリーには起承転結の構成を取り入れましょう。

最初に問題提起し、それを解決するための過程を詳述し、最終的に解決に至るという流れを作ることで、ユーザーにわかりやすく伝わります。

 

テンプレートの活用

情報発信を効率的かつ効果的に行うために、テンプレートを活用することも有効です。テンプレートを使うことで、情報の整理がしやすくなり、一貫性のある発信が可能になります。

  • 問題解決のテンプレート: 

ユーザーが直面している問題を解決するためのテンプレートを用意します。

例えば、「問題の明確化 → 解決策の提示 → 実行手順 → 成果の共有」といった流れです。

 

  • フォーマットの統一: 

一貫したフォーマットを使用することで、ユーザーは情報を探しやすく、理解しやすくなります。定期的に使用するテンプレートを決めておくと便利です。

 

具体例

具体例を挙げることで、ユーザーは情報を理解しやすく、実践に移しやすくなります。以下に具体的な例を示します。

  • 例1: ダイエット成功のストーリー
    • 問題提起: 「過去に何度もダイエットに挑戦したけれど、いつもリバウンドしてしまいました。」
    • 解決策: 「今回は、カロリー制限と運動を組み合わせた方法を試しました。」
    • 手順: 「まずは1日のカロリーを1500kcalに設定し、毎日30分のウォーキングを行いました。」
    • 成果: 「その結果、3ヶ月で5kgの減量に成功し、リバウンドもありませんでした。」

 

  • 例2: インスタグラムでフォロワーを増やす方法
    • 問題提起: 「フォロワーが全然増えずに悩んでいました。」
    • 解決策: 「投稿の内容を見直し、ユーザーの興味を引くコンテンツを作成することにしました。」
    • 手順: 「毎週2回、ユーザーが関心を持ちそうなトピックについて投稿し、ストーリーも活用しました。」
    • 成果: 「その結果、1ヶ月でフォロワーが1000人増えました。」

これらのテクニックを活用して、ユーザーにとって価値のある情報発信を行い、行動を促すことができます。

 

まとめ

 

インスタグラムで集客し、収益化を実現するためには、ユーザーの行動を促すための効果的な情報発信が必要です。

本記事では、ユーザーに行動を起こさせるための具体的な方法とテクニックについて詳しく解説しました。以下のポイントを押さえて、一緒に実践していきましょう。

  1. ユーザー目線での情報提供:
    • ユーザーが求めている情報や解決したい問題を理解し、それに応じたコンテンツを提供することが重要です。
  2. 発信スタイルの選択:
    • 自分の経験をもとにした「シェルパ型」と、現在進行形で学びながら共有する「ストラグラー型」の2つのスタイルを活用しましょう。
  3. 具体的で明確な手順の提供:
    • ユーザーが迷わずに行動できるように、ステップバイステップで具体的な手順を示します。
  4. ストーリーテリングの活用:
    • 自分の経験を具体的に語り、感情に訴えるストーリーを作ることで、ユーザーの共感を得やすくなります。
  5. テンプレートの活用:
    • 効率的かつ効果的に情報発信を行うために、テンプレートを活用して情報を整理し、一貫性を持たせます。
  6. 具体例の提示:
    • 具体的な事例を紹介することで、ユーザーが情報を理解しやすくなり、実践に移しやすくなります。

これらのテクニックを活用して、ユーザーにとって価値のある情報発信を行い、彼らの行動を促すことができます。

実際に行動を起こしてもらうことで、あなたのアカウントの信頼性が高まり、収益化への道が開けます。

ユーザーの反応を見ながら、少しずつ改善を加えていくことで、効果的な情報発信ができるようになります。

また、もっと情報発信やマーケティングについて知りたい方は竹花さんのYoutubeチャンネルもおすすめです。

https://youtube.com/@takaki_takehana?si=czOusPUUIuB77rTc

 

情報発信を学びながら、収益もあげたいという欲張りさんにはこちらもおすすめMDSチャンネル

https://youtube.com/@mds_fund?si=_Q1bSUESGAJoIvNW

 

一旦難しいことは置いといて、インスタのフォロワーを増やしたい方は↓

https://www.mush-gram.com?original_id=100012647

 

ネオのX(旧ツイッター)もよろしく

x.com

コメント